さどポンからのお知らせ

めまい メニエール症

めまいがひどくてフラフラすると訴えるM様。
めまいにも色々と種類がありまして、M様の場合グルグル回る「回転性めまい」でした。めまいの中でも代表的な症状で、この回転性めまいを訴える患者様に対応する時、ある病気を疑わなくてはなりません。それは「メニエール症」というものです。
メニエール症とは耳の奥にある内耳という部分がリンパ水腫(水ぶくれ)を起こして、回転性めまい、難聴、耳鳴りなどが表れる症状です。
現代医学では内耳にリンパ水腫が起こる原因にストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化を挙げていますが、実のところ明確な理由を見つけられておりません。しかし当院は結合組織理論で原因を説明することが出来ます。

耳の穴は頭蓋骨の側頭骨に当たります。前腕の開きから腕神経叢が緊張し肩周辺の筋肉が緊張します。やがて緊張は首~側頭部へと広がります。側頭部にある側頭筋の緊張により側頭骨は微妙にズレを起こします。この微妙なズレの影響で側頭骨の内側にある髄膜が歪んでしまいます。髄膜の歪みにより耳の中の内圧が上昇します。この内圧の上昇でリンパ水腫になるのです。

全身調整で体全体の歪みと腕神経叢の緊張を解消させた後、頭蓋骨の歪みを矯正し内耳への圧力が減るように施術を行いました。

2回目 施術後3日間はめまいが軽くなったが4日目以降から症状が戻った

3回目 日中のめまいは軽くなった。朝起きる時は必ずめまいがする

4回目 朝、日中ともにめまいをほとんど感じなかった

5回目 2週間間を空けても全然大丈夫になった

後はメンテナンスの為、隔週で通院するようすすめておきました。とりあえず5回でメニエールの主要症状が改善しました。

痛みや不調には必ず何かしらの原因があります。当院はストレスや気温など曖昧な理由で片付けずしっかり特定致します。
めまいでお悩みの方は金井接骨院へ是非どうぞ

当院の公式HPはこちら  http://kanai-sekkotsuin.jp/