さどポンからのお知らせ

腰痛の原因

先日腰が痛くなったと30代女性のW様が来院されました。最近になってヨチヨチ歩けるようになった1歳未満のお子さんと手をつないで散歩した後に左側の腰が痛くなったそうです。

腰自体を押しても痛みは出ませんが寝返りや起き上がりの動作の時にかなり痛みが出ます。また『腰の奥が痛い』と言います。

腰の奥とは一体何でしょう?「中が痛い」「芯が痛い」とも表現する患者さんもいますが、これらの正体は大腰筋という筋肉です。名前に腰の文字があるのでこれはれっきとした腰の筋肉なのですが、この筋肉はお腹側についているのです。なので『奥』と感じるのでしょう。

腰痛の原因のほどんどはこの大腰筋の緊張です。大腰筋の緊張で筋肉にある神経の受容器にストレスがかかり痛みを感じるという仕組みなのです。

じゃあ大腰筋に電気を当てたりほぐしたりして緊張を解消させれば腰痛は治るのかと言えばそう単純な話ではありません。大腰筋が緊張してしまう原因を解消させなければ一次的に良くなってもすぐに元に戻ってしまいます。

なので腰痛治療のポイントは大腰筋が緊張する原因を解消させる所にあります。

今回のW様の原因は左腕にありました。

検査をしていて左の肩甲骨を触っていると腰のちょうど痛む場所に響くとおっしゃるのでビンゴと思いました。肩甲骨を含め左側の腕を丹念に検査していくと上腕部に痛みが集中している部分があり、そこを軽く緩めると寝返りが楽になっていました。

おそらく左上腕の筋緊張により腕が内側に捻れ、肩甲骨~背中にまで緊張が及んで肩甲骨と骨盤を繋ぐ脊柱起立筋も緊張し、左骨盤が開いて前仙腸靭帯が伸ばされ、伸びた靭帯を元に戻そうと大腰筋が余計に緊張しバランスを保とうとした結果、左側の腰痛になってしまったのです。普段から子供を抱っこしたりして腕に負担がかかっていたのでしょうね。

開いた骨盤と伸びた前仙腸靭帯を締める操作を行い、上腕の捻れを解消して、最後に軽く大腰筋そのものを緩めますと、寝返り・起き上がり動作の痛みが10→3になったと言います。最後に上腕部が再び捻れない様にテーピングをしてその日は終了にしました。

翌日再度来てもらい経過を聞きましたが、前日の施術後は運転がまだ痛かったそうですが翌日は運転中に腰が痛くなることは無く、朝も起き上がりの動作で痛みがかなり良くなったと報告を受けました。その日も左上腕を中心に全身を施術し、終わった後はほとんど痛みが取れていた状態でした。

今回のW様のように腰痛の原因は思いがけない所にあったりします。痛い所だけに電気をかけたり揉んだりしただけでは治らない事がほとんどです。

腰痛に悩んでいる方は金井接骨院へ是非どうぞ

当院の公式HPはこちら  http://kanai-sekkotsuin.jp/