「ドーナツで繋がる笑顔の輪 ~あたりきしゃりき堂&タガヤス堂~」

みなさんこんにちは!
「Simaさんぽ」担当のタネクリです。
今回は、佐渡の「ドーナツ屋」さんについてご紹介したいと思います!
みなさん「ドーナツ屋」と聞いて、パッと思いつかれる店舗はどこでしょうか?
佐渡には「松ヶ崎地区」と「羽茂大崎地区」2ヵ所に、国産の素材にこだわり古民家を活かした店舗で
ドーナツを販売されている方々がいらっしゃるのでご紹介したいと思います。

「あたりきしゃりき堂」

古い町屋様式の家が並ぶ松ヶ崎地区。
この地区に2017年9月、「あたりきしゃりき堂」さんはオープンしました。

レトロな外観に「おいしいドーナツ」と書かれた、青いのれんが目印です!
もともとは大阪で約20年近く、ドーナツ屋さんを営業されていた店主の久保さん。

佐渡に移住した友人を訪ね、何度か佐渡を訪れるうち佐渡が気に入り、島で店舗を出したいと思ったそうです。
佐渡島内いろんな地区をまわった結果、松ケ崎地区の風景、地域の方々の温かさに触れ、この地区が気に入りここでのオープンを決めたとおしゃっていました。

築約90年の古民家をリフォームしたお店は、昔へタイムスリップしたかのような空間です。

店内の家具などは、リフォーム前からあったものをそのまま残されているので、とても温かみがあり、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。最近は、こういった雰囲気のお店に出会う機会もなかなかないと思うので、若い方にとっては新鮮ではないでしょうか?

ドーナツのご紹介

あたりきしゃりき堂さんのドーナツは全部で3種類です!

◆ソフトドーナツ プレーン              70円
◆ソフトドーナツ きび和糖付き            80円
◆ソフトドーナツ 黒ゴマ入り(水・金・日曜日限定)  80円

こちらのドーナツは、すべて国産の材料から作られています。
無添加の素材を使ったシンプルなドーナツは、久保さんのドーナツへのこだわり、愛情がたくさん入っています!

生地となる小麦粉は香川県から仕入れ、砂糖は徳之島産のきび和糖を使用。
そして揚げるために大事な油は、福岡県の油屋さんから仕入れた無添加なたね油を使われています。

このこだわりぬかれた素材で作られているからこそ、写真でも伝わるほどのふっくらしっとりとした
やさしい甘さのドーナツが出来上がるのです。

一つ一つ丁寧に、リズミカルに揚げられていくドーナツ!お店の外まで甘くて香ばしいドーナツの香りが漂っています。
ドーナツはテイクアウトされる方も多いようですが、店内にはテーブルが4つ置かれているのでゆっくりお茶と一緒に楽しむこともできます。

タネクリもさっそく、プレーンときび和糖付きドーナツを1つずつ注文し、久保さんおすすめの梅ジュースと共に、店内でいただきました!

左上:プレーン 右下:きび和糖付き

どこか懐かしいやさしい甘さのドーナツに、おもわず「おいしい~」っと声が出てしまうほど!
きび和糖も程よい甘さなので、より生地の旨みを引き立ててくれます。

そして「梅じゅーす」は久保さん自らが和歌山で栽培の活動をされているという無農薬の梅を、一年熟成させた自家製のジュースになります。4~5倍に薄めて飲む梅じゅーすは、これ一本で約10~11杯は飲めるそうです!

◆梅じゅーす 1本950円(一杯380円) ◆梅ジャム 550円

ほどよい甘さでサッパリとしているので、とても飲みやすく残暑の残る今の時期にもぴったりです!
また、自家製の梅ジャムも購入することができるので、こちらも要チェックですよ!
どちらも本数が限られているので、早い者勝ちです。ドーナツと一緒に味わってみてください。

水・金・日曜日限定「黒ゴマ入りドーナツ」は、タネクリは残念ながら土曜日に訪れてしまったので、食べることができませんでした。
なので、みなさんはぜひ曜日をチェックして「黒ゴマ入り」も食べてみて下さいね!

また、あたりきしゃりき堂さんではドーナツの他に「ドーナツチップ」と「ドーナツラスク」も販売しています。
チップスやラスクだと、日持ちもするのでお土産としてあげる際にもおすすめです!タネクリもお土産に買って帰りました!

初めてドーナツラスクを食べましたが、噛めば噛むほど香ばしさが増し、ザックザク感がやみつきになる美味しさです。
小腹がすいた時などにも、手軽につまめるのでオススメですよ!

このほかにも、店内には “ええもん” コーナーというお土産にぴったりな、佐渡の工芸品がたくさん並べられています。
ドーナツブローチもとても可愛いです!

あたりきしゃりき堂さんの来店おすすめ時間は、お昼過ぎだそうです。

佐渡での営業は毎年期間限定でオープンしており、今年は9月末まで行っているそうなので、お早めに足を運んでみて下さい!
店舗の情報などはFacebookでも、お知らせしているのでこちらも見てみて下さいね。

お店情報

住所 新潟県佐渡市松ヶ崎1099
営業時間 11:00~17:00
定休日 期間限定でオープン中は火曜日
SNS Facebook

「タガヤス堂」

続いてご紹介するのは、羽茂大崎地区の山間にひっそり佇む「タガヤス堂」さんです。
JA大崎支所の向い、大崎そばが食べられる「ちょぼくり」さんのお隣に、可愛いドーナツの旗が風になびかせながら、タガヤス堂さんは営業されています。

実はこちらのお店は、最初にご紹介した「あたりきしゃりき堂」久保さんの、弟子にあたる新潟県長岡市出身の「米山さん」という方が営んでいらっしゃいます。

店主の米山さんは、佐渡の旧川茂小学校で行われる「ハローブックス」に興味を持ち、佐渡へ訪れた際、佐渡の自然豊かさに心惹かれ移住を決意したそうです。移住後、久保さんの作られたドーナツと出会い、国産の材料にこだわってつくったドーナツに感銘を受け、弟子入りをしたそうです。

ドーナツのご紹介

タガヤス堂さんのドーナツは、あたりきしゃりき堂さんと同じく3種類です!

◆ソフトドーナツ プレーン                80円
◆ソフトドーナツ きび和糖付き              90円
◆ソフトドーナツ 黒ゴマ入り(5のつく日限定)        90円

師匠あたりきしゃりき堂さんの味を受け継ぎ、同じ材料でタガヤス堂さんも作られています。卵のみ違うところから仕入れているそうなので、あたりきしゃりき堂さんとはまた少し違う味わいを楽しめるかと思います。食べ比べをしてみるのも楽しいかもしれないですね!

タガヤス堂さんで販売されているコーヒーは、大崎地区の廃校になった小学校の中にある焙煎所で作られた「オケサドコーヒー」さんのものが販売されています。

「オケサドコーヒー」さんでは、世界各地で生産された高品質で新鮮なコーヒー豆を焙煎しており、タガヤス堂さんのドーナツとの相性も抜群です!ぜひ、ドーナツと一緒に注文してみて下さい!

「タガヤス堂」オリジナルグッズ!

お店の壁を見てみると、Tシャツやバック、缶バッチが飾られています。

こちらは販売しているのではなく、店頭にスタンプカードが置いてあるのでそちらのカードでスタンプを集め、ポイントがたまるとプレゼントしてくれます。

ドーナツをレコード盤に見立てていたり、トキがドーナツをくわえていたりと、かわいいデザインのイラストは、仙台のイラストレーター・佐藤ジュンコさんという方のデザインだそうです。こんなにもかわいいグッズは、集めたくなりますね♪

ドーナツ400円お買い上げごとにスタンプを1つ押してくださり、15個スタンプが押せるカード1枚でドーナツの缶バッチ1つがプレゼントされます。カード2枚でエコバック!カード3枚でTシャツか、トートバックがもらえます!

タネクリもグッズをゲットすべく、これからタガヤス堂さんへ通おうかと思います!

店舗の来店おすすめ時間は、開店時間の10時過ぎだそうです。

タガヤス堂さんは店舗販売の他に、佐渡島内のイベントにも参加しドーナツを販売しているので
気になる方はFacebookで「タガヤス堂」と検索してみてください!

お店情報

住所 新潟県佐渡市羽茂大崎1566-3
営業時間 10:00~16:00
定休日 火曜日・水曜日・他
SNS Facebook

最後に、、、

2店舗ともドーナツが美味しいことはもちろんですが、ドーナツを作られているお二人がとても気さくで話しやすく、地域の方々からも親しまれ愛されているのが、お店にお邪魔してよく伝わってきました。島外出身のお二人が、ここまで佐渡を好きになってくださり、ドーナツを通して「笑顔の輪」を広げ、佐渡を盛り上げてくれていることにとても嬉しい気持ちになったタネクリでした。

あたりきしゃりき堂さんは9月末まで、タガヤス堂さんは定休日以外、お二人とも暑さに負けず元気に営業されていますのでぜひみなさん足を運んでみて下さい!

お知らせ

この度SimaさんぽのInstagramを作りました。
コラムには載せきれなかった画像も投稿しているのでぜひチェックしてみてください!
みなさんからのフォローお待ちしております。